Application

armosの中心となるクラスです.プロジェクトを作成する際はこのクラスを継承して処理を記述していきます.

Members

Functions

draw
void draw(ref DrawEvent arg)

毎フレーム実行されるメンバ関数です.updateの次に呼ばれます.描画処理を記述します.

exit
void exit(ref ExitEvent arg)

終了時に一度だけ呼ばれるメンバ関数です.

exitApp
void exitApp()
hasHeldKey
bool hasHeldKey(in KeyType key)
hasPressedKey
bool hasPressedKey(in KeyType key)
hasReleasedKey
bool hasReleasedKey(in KeyType key)
keyPressed
void keyPressed(ref KeyPressedEvent message)

キーボードを押した際に呼ばれるメンバ関数です.

keyReleased
void keyReleased(ref KeyReleasedEvent message)

キーボードを離した際に呼ばれるメンバ関数です.

mouseDragged
void mouseDragged(ref MouseDraggedEvent message)

マウスがドラッグされた際に呼ばれるメンバ関数です.

mouseMoved
void mouseMoved(ref MouseMovedEvent message)

マウスが動いた際に呼ばれるメンバ関数です.

mousePressed
void mousePressed(ref MousePressedEvent message)

マウスのボタンが押された際に呼ばれるメンバ関数です.

mouseReleased
void mouseReleased(ref MouseReleasedEvent message)

マウスのボタンが離れた際に呼ばれるメンバ関数です.

mouseScrolled
void mouseScrolled(ref MouseScrolledEvent message)
setup
void setup(ref SetupEvent arg)

事前処理を記述するメンバ関数です.initializerによる初期化が行われた後,一度だけ実行されます.

shouldClose
bool shouldClose()
unicodeInputted
void unicodeInputted(ref UnicodeInputtedEvent message)
update
void update(ref UpdateEvent arg)

毎フレーム実行されるメンバ関数です.

windowResized
void windowResized(ref WindowResizeEvent message)

Meta